出版物

Displaying 1 - 3 of 3 results
IEAGHG Weyburn-Midale CO2モニタリング・貯留プロジェクトは、カナダ・サスカチェワン州南東の石油埋蔵地貯留所へのCO 2 圧入および貯留効果を調査するために設計された研究プログラムである。「CO2を地中に貯留すると、何が起こるか」は、CCSについて一般市民から頻繁に寄せられる質問に対し、上記プロジェクトから得られた広範囲に及ぶデータおよび調査結果に基づく回答をまとめたものである。 Japanese translation of What happens when CO 2 is st ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 storage Health, safety and environment
西オーストラリア州では二つのCCSプロジェクトが計画されている。両プロジェクトとも、豪州連邦政府及び西オーストラリア州政府の共同パートナーシップによる支援を受けている。一方のプロジェクトは液化天然ガス(LNG: Liquefied Natural Gas)プラントから発生するCO 2 を貯留し、もう一方は石炭を燃焼する産業及び石炭火力発電によって生じるCO 2 を貯留する。両者が違う点は、社会及び環境への影響並びに貯留層の地質である。一方は動物相を保護する価値が高く、人の住んでいない場所に立地しており、他 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Health, safety and environment
本調査の目的は、結果の統計的限界を明確にしつつ、CCSプロジェクトによる推定損害額を算出することである。具体的には、以下が調査目的に含まれる。   - CCSプロジェクトによる推定損害額を算出するために、コンピューターによるスプレッドシートモデルを構築すること。このモデルは、CCSプロジェクトに伴う多様な潜在的影響を評価するために、損害評価の分野において一般的に認められた分析ツールを統合したものである。モデルアウトプットは、結果の統計的範囲を明確にできるように設計されている。特に、損害が不明確であるため、 ...
Topics: 
Engineering and project delivery Carbon capture, use and storage (CCUS) Health, safety and environment