出版物

Displaying 1 - 9 of 9 results
2013年12月、インスティテュートはCCSに関する各国の政策支援レベルを評価するための指標「CCS-PI」を作成した。「炭素回収・貯留政策指数(CCS-PI)」は、「CCS-PI」について解説すると共に各国の政策支援レベルを図式化しとりまとめたものである。 Japanese translation of Carbon capture and storage policy indicator (CCS-PI).   炭素回収・貯留政策指数(CCS-PI) Carbon capture, use and s ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation
インスティテュートは、欧州委員会(EC)から利害関係者への要求、すなわちCO2の地中貯留に関するEU指令2009/31/EC(CCS指令)の施行の見直し作業に参加し、欧州におけるCCSの普及と実現政策の状況を評価する要請に応じ本提言を作成した。本提言では「CCS指令の適用に関する考察」、「欧州のCCSの普及と実現政策に関する考察 」、「CCS指令の実施以降のCCS技術の技術的パフォーマンスとコストの進捗に関する考察」について述べている。 Japanese translation of Global CCS ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation
今日、石油増進回収(EOR)でのCO2の圧入とそれに付随する大量のCO2の地層への貯留を中心としたものと、主にCO2の大気中への排出を削減することが目的のCO2回収貯留(CCS)の圧入と貯留を中心としたものの間には、どこか類似した文化的及び知識上のギャップが見られる。しかしながら、CCS技術の幅広い導入を推進するための長期戦略の一環として、回収された人為起源のCO2の供給を実益のあるEOR操業へと統合するポテンシャルを評価する際には、この知識とコミュニケーションのギャップを埋めることは特に重要である。 ギ ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation
ROADプロジェクトは、オランダでは初めてとなるこの種のプロジェクトであり、必要とされる全ての許可申請は、本プロジェクトで最も困難な点の一つであった。CCSプロジェクトは実際のところ、CCS指令の規定や広範な認可当局が関与していることに起因した複雑で時間のかかる許可プロセスに直面している。 許可プロセス: CCS プロジェクトの許可取得に関する特別報告書 Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation Permitting ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation Permitting
アジア太平洋経済協力会議 (APEC)の発展途上 諸国は、世界で最も急速に成長している経済圏であり、今後数十年間に発電量を大きく拡大する必要がある。この新規電源の多くは、化石燃料、特に石炭に依存する可能性が高い。地球規模の気候変動及び地域に急速に拡大する石炭火力発電部門からの二酸化炭素 (CO 2) 排出量の増加に対する懸念から、これらの発電所からの排出CO 2 の回収貯留(CCS)をいつ実行できるかという問題が生じている。石油増進回収 (EOR) などの CO2 利用と組み合わせることができるCCS 技術 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation Permitting
2011年9月、当インスティテュートはUAEのアブダビで行われた国連気候変動枠組条約(UNFCCC)のCDMにおけるCCSに関する技術ワークショップ(technical workshop on CCS in the CDM)に出席した。このワークショップは、UNFCCC事務局のCDMにおけるCCSのための様式及び手続(M&P)案の作成を円滑に進めるのに貢献した。このM&P案は、2011年12月のCMPにおいて最終的に検討され、採択された。 この会議では越境問題について包括的に取り上げられた ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation
本意見書は、CCSがCDMに適格なレベルにあるとUNFCCCで承認されたこと(決議7/CMP.6)及びCDMにおけるCCSプロジェクトを支援する様式及び手続が第7回京都議定書締約国会議(CMP 7)で最近承認されたこと(FCCC/KP/CMP/2011/L.4)を特に考慮し、CCS技術から見た具体的な要件に焦点をあてている。  当インスティテュートは、CDMにおけるCCSを制度化するための上述の決議を全面的に歓迎する。また、CDMにCCSを含めることが、気候変動による危機的な影響を回避できるレベルで地球規 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation
広範な気候変動緩和戦略におけるCO2回収貯留(CCS: Carbon Capture and Storage)の役割の重要性に鑑み、各国政府はCCS Readyの概念について検討を進めつつある。欧州及び北米の多くの国は、化石燃料による発電並びに鉄鋼製錬、セメント生産、精油及び化学工程といった工業プロセスから発生する温室効果ガス、特にCO2の排出緩和を目的とする一連の政策の一環として、CCS Readyの展開を進めている。 CCS Readyの政策及び規制の動向 CCS Readyの政策及び規制枠組みの実施 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation
本報告書の目的は、CO2回収貯留(CCS)プロジェクトに関して現在カナダ政府及びアルバータ州政府が直面する規制上の不備な点について、指針を提供・報告をするものである。さらに現在、カナダ政府及びアルバータ州のそれぞれの管轄区域にどのような規制枠組みが存在しているのかを明示するとともに、規制枠組みの領域でアルバータ州が行っている取組並びに関連パートナー及び政府レベルの連携強化についての概要説明を目的とする。 CCS実施の指針となり、また、影響を与える連邦及び州の規制枠組み並びに不備な点の概要公開報告書 Car ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation