出版物

Displaying 1 - 4 of 4 results
CCSが大規模なCO 2 排出削減に貢献するためには、先進国と発展途上国の双方において普及する必要がある。とりわけ、来る数十年においては、化石燃料使用量(およびそれに付随するCO 2 排出量)の純増大分は全て途上国から生じるものであることが見込まれている状況を勘案すると、途上国における普及は重要である。一方、大部分の途上国においては、CCSが必要となるような気候変動の悪化こそ認められるものの、CCSが果たして商業ベースにのるかどうかについては、現状は心もとない状況にある。本レポートは、2012年4月25日 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Project financing Capacity development
このレポートは、 2013年4月 にニューデリーで 17〜18 を 開催された第4回 クリーンエネルギー 閣僚会議 のために開発されました 。 これは、 ロンドンで 2012年 のCEM に 提出 ' 発展途上国 における炭素 回収·貯留 の 資金 ' に先行する 報告書に 大臣 に 勧告 に関する最新情報 を提供しています 。 これは、 発展途上国の 資金調達 のCCS を考慮し 、援助国 の参考 文書で あり 、CCS や開発 の影響 のための 資金調達 の間のリンクを 識別する ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Project financing
世界中の数多くの企業や投資家が、炭素回収貯留(CCS)を装備した大規模発電所を創る意欲を持っている。これを持続可能なモデルで実現するには、当該技術に内在するリスクを受容するために、投資に対する適切な利益が得られなければならない。しかしCCS は、十分な介入なくしてはCCS 施設の整備や新たな産業の出現を阻む、重大な障害に直面している。CCS 施設のコストは、世界のどこでも現在の電力卸売価格での売電収益では十分に賄えず、 CO2 排出の回避や削減から収入が得られることによっても賄われない。 CCS プロジェク ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Project financing
プロジェクトが親会社による投資判断という重要なマイルストーンに近づいていることから、本報告書ではプロジェクトの今後の道筋について概要を示す。今後のマイルストーンの概要並びに関連活動及びプロジェクト実施戦略に関する考察も提示する。  今後「最終投資決定(FID: Final Investment Decisions)」を受けて、二つの組織が順番に設立される。最初の組織は2015年までの設計及び建設に重点を置き、二番目の組織では2015~2020年のプロジェクトの操業を目的とする。プロジェクトには両親会社にま ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Business cases