出版物

Displaying 1 - 2 of 2 results
気候変動のリスク管理には、様々な産業分野にまたがる幅広い低炭素技術の開発や普及が必要とされる。  450ppmという厳しい目標は、大気中のCO2を除去する技術やCO2回収貯留(CCS)技術などの産業由来のCO2排出を相殺することができる技術を結集させることによってのみ効率的に達成可能であると考えられる。  本書は、発電事業に焦点をあて、大気へのCO2排出量削減の一役を担うと考えられる様々な技術のコストを検証する。  グローバルCCSインスティテュートは、過去2年間にわたり、様々なCCS技術に関する最新のコ ...
Topics: 
Renewables Economics Carbon capture, use and storage (CCUS)
本調査は、CO2回収貯留(CCS)と再生可能エネルギー技術を、相乗効果を高める方法で統合する機会を特定および定量化すること、また再生可能エネルギー発電業界に恒久的な成果を残す可能性のあるあらゆる選択肢を見出すことを目的に実施した。複数の興味深い選択肢が調査され、燃焼後回収CCSにともなうエネルギー損失を補償するために再生可能熱エネルギー活用する事について、詳細なレベルで研究した。 調査した選択肢は以下のとおりである。 CCS用溶媒の再生および発電所のその他の熱需要向けの集光型太陽熱エネルギー 集光型太陽熱 ...
Topics: 
Renewables Solar energy Carbon capture, use and storage (CCUS)