出版物

Displaying 1 - 4 of 4 results
本調査の目的は、結果の統計的限界を明確にしつつ、CCSプロジェクトによる推定損害額を算出することである。具体的には、以下が調査目的に含まれる。   - CCSプロジェクトによる推定損害額を算出するために、コンピューターによるスプレッドシートモデルを構築すること。このモデルは、CCSプロジェクトに伴う多様な潜在的影響を評価するために、損害評価の分野において一般的に認められた分析ツールを統合したものである。モデルアウトプットは、結果の統計的範囲を明確にできるように設計されている。特に、損害が不明確であるため、 ...
Topics: 
Engineering and project delivery Carbon capture, use and storage (CCUS) Health, safety and environment
Trailblazerは、米国テキサス州Nolan郡Sweetwaterの東約9マイルに位置する、建設中の超臨界微粉炭火力(PC: Pulverized coal)発電所である。Trailblazerは、初期設計に商用規模の燃焼後回収式CO2回収(CC: Carbon dioxide capture)プラントを取り入れて建設される米国初の石炭火力発電所となる見込みである。本プロジェクトは本来なら大気中に排出されるはずのCO2の85~90%を回収する設計となっている。本発電所は総出力760MW(夏季のCCプ ...
Topics: 
Engineering and project delivery Carbon capture, use and storage (CCUS)
2009 年7 月、Maasvlakte CCS Project C.V.(「MCP」)は、欧州委員会にプロジェクト提案書を提出した。これが、「ROAD プロジェクト」(「Rotterdam Opslag en AfvangDemonstratieproject」:ロッテルダム貯留回収実証プロジェクト)の始まりである。欧州の資金援助を申請することにより、MCP は資金援助プログラムの要件(主にプロジェクトの工程に関するもの)を満たすことを約束した。プロジェクチームは、他の重要な境界条件にも配慮しつつ、特定 ...
Topics: 
Engineering and project delivery Carbon capture, use and storage (CCUS)
本基本設計報告書は、グローバルCCSインスティテュートのために、Mountaineer商用規模CO2回収貯留プロジェクトについての非機密の設計情報を抜粋し、集約したものである。本報告書は、2010年2月1日から2011年9月30日までのフェーズI‐「プロジェクト精査フェーズ」の期間中に策定された予備設計情報に基づくものである。報告書には以下に関する説明及び/又は考察が含まれている。   - 米国エネルギー省(DOE)のクリーンコール発電イニシアチブ(Clean Coal Power Initiative) ...
Topics: 
Engineering and project delivery Carbon capture, use and storage (CCUS)