出版物

Displaying 1 - 2 of 2 results
本調査の目的は、産業向けCCSの展開可能性を明らかにするため、OECD非加盟国において、選定した5つの工業部門での「ソース・シンク」マッチングを行うことである。本調査で実施した評価は、UNIDOの「産業界におけるCCSに関する世界技術ロードマップ(Global Technology Roadmap for CCS in Industry)」というより大きな枠組みの一環として行ったものである。したがって、本調査は、世界の温室効果ガス(GHG)排出削減目標を2050年までに達成するために必要なレベルにまで産業 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
この意欲的な目標を達成するため、IEAは一連の地球規模の技術ロードマップ策定作業に着手した。本ロードマップによって政府、産業界及び金融機関は共同して、必要な手段を確認し、また必要とされる技術の開発及び取得を加速するために対策を実施することが可能となる。  本ロードマップの基本的目的は、とりわけ途上国及び体制移行国を対象に含めることによって、産業応用の低炭素技術の普及を地球規模で推進することである。  本ロードマップは、電力、工業及び燃料転換部門全般におけるCCSに関して必要な行動及びマイルストーンについて ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)