検索条件

日付 +

フィルタをクリアします

最新ニュース

検索条件

フィルタをクリアします

ブルーアンモニアは2027年までに海運業界で豊富に利用可能となるとマースクゼロカーボンシッピング研究所(Maersk Mc-Kinney Moller Center)が発表
ブルーアンモニアは2027年までに海運業界で豊富に利用可能となるとマースクゼロカーボンシッピング研究所(Maersk Mc-Kinney Moller Center)が発表

28th August 2023

発行日:2023年8月27日 原典:WorldPorts.org   マースクゼロカーボンシッピング研究所の最近の報告書によると、ブルーアンモニアは2027年までに大量に利用可能となることが予想されている。 「CO2貯留は海運業界にとって利用可能なブルー燃料を制限することになるか」と題されたこの報告書は、コスト構造、計画中のプロジェクト、市場促進要因、地域政策及び拡大化の障壁について調査したものである。この調査は、bp社、CF Industries社、Equinor社、住友商事株式会社、日本郵船株式会社及びTotalEnergies社と共同で実施された。環境防衛基金(Environmental Defense Fund:EDF)とグローバルCCSインスティテュート(Global CCS Institute)もこのプロジェクトに貢献した。

トピック: Local News

Fugro社、インドにおけるCCUSでインド工科大学ボンベイ校(Indian Institute of Technology Bombay:IIT)と提携
Fugro社、インドにおけるCCUSでインド工科大学ボンベイ校(Indian Institute of Technology Bombay:IIT)と提携

24th August 2023

発行日:2023年8月24日 原典:Carbon Capture Journal   5年間契約の下、Fugro社は技術アドバイザーとして、IITがパイロットCCUSプロジェクトを特定、評価及び開発する際に、同社の地質コンサルティングの専門知識を提供する。 IITは、インド政府の科学技術庁(Department of Science & Technology)が支援する2つのCCUSの国家先端的研究機関(National Centres of Excellence)のうちの1つである。これらの機関は、インド全国のCCUSイノベーションのマッピング及び2023年後半に発表が予定されているインドのCCUSロードマップ全体で相乗効果が得られるように、官民の利害関係者のネットワークを調整する責任を負う。

トピック: Local News

Sval Energi社、北海におけるCO2貯留ライセンスを獲得
Sval Energi社、北海におけるCO2貯留ライセンスを獲得

23rd August 2023

発行日:2023年8月22日 原典:Oil and Gas Online   ノルウェー石油エネルギー省(Ministry of Petroleum and Energy)は、TrudvangプロジェクトのライセンスをSval社及びそのパートナーStoregga社とNeptune Energy社に付与した。計算では、Trudvangプロジェクトは年間900万トンのCO2を少なくとも25年間貯留出来ることが示されている。  

トピック: Local News

TotalEnergies社、ノルウェーのCO2貯留探査ライセンスの40%権益を取得
TotalEnergies社、ノルウェーのCO2貯留探査ライセンスの40%権益を取得

22nd August 2023

発行日:2023年8月22日 原典:Carbon Capture Journal   TotalEnergies社は、Lunaプロジェクトとして知られるCO2貯留探査ライセンスExL004においてCapeOmega社が保有する40%の参加権益を取得する契約をCapeOmega Carbon Storage社と締結した。 ノルウェー・ベルゲン(Bergen)沖120km、水深200mに位置するExL004は、TotalEnergies社が33%の権益を保有するNorthern Lights CO2貯留プロジェクトのライセンスに隣接している。 ExL004はWintershall DEA Norge社が60%の参加権益を保有し、運営している。    

トピック: Local News

Deep Sky社とSvante社、カナダ・ケベック州南部におけるCCS実現可能性調査で提携
Deep Sky社とSvante社、カナダ・ケベック州南部におけるCCS実現可能性調査で提携

21st August 2023

発行日:2023年8月21日 原典:Carbon Capture Journal   Deep Sky社及びSvante社は、カナダ・ケベック州セント・ローレンス川渓谷(St. Lawrence River Valley)における恒久的な地中CO2貯留の実現可能性を評価するため、Sproule社を採用した。 Deep Sky社は、カナダにおける大規模CO2除去及び貯留インフラの建設に取り組んでおり、大規模なソリューションを商業化するために最も有望なCO2除去技術を集結させている。  

トピック: Local News

Santos社、東ティモールの石油会社とCCS協力に関する合意を締結
Santos社、東ティモールの石油会社とCCS協力に関する合意を締結

8th August 2023

発行日:2023年8月8日 原典:Carbon Capture Journal   Santos社とバユ・ウンダン(Bayu -Undan)合弁事業パートナーが、提案されている東ティモール沖のバユ・ウンダンCCSプロジェクトにおけるパートナーシップの機会を探るため、東ティモールの国営石油会社TIMOR GAP社と覚書を締結した。 この合意は、バユ・ウンダンCCSにおけるCO2貯留の需要が年間1,000万トン以上となる可能性を示す、バユ・ウンダンCCSへのCO2供給に関する4つの拘束力を持たない覚書に続くものである。 TIMOR GAP社との覚書には、バユ・ウンダンCCSに関する情報の共有と、バユ・ウンダンCCSプロジェクトへのTIMOR GAP社の資本参加を含む、パートナーシップの機会の可能性を模索することが含まれている。  

トピック: Local News

7社が日本のCCSプロジェクトで提携
7社が日本のCCSプロジェクトで提携

5th August 2023

発行日:2023年8月4日 原典:Energy Monitor Worldwide   伊藤忠商事株式会社、日本製鉄株式会社、太平洋セメント株式会社、三菱重工業株式会社、伊藤忠石油開発株式会社、株式会社INPEX及び大成建設株式会社が、日本の先進的CCS事業の実現可能性調査を共同で実施することとなった。 本プロジェクトは、独立行政法人エネルギー・金属鉱物資源機構(JOGMEC)により採択された日本海側東北地方CCS事業構想の一環である。 調査の一環として、7社は、日本製鉄株式会社及び太平洋セメント株式会社の特定工場から分離・回収したCO2を、CO2貯留に適したサイトに船舶輸送するという全体構想に基づき、商業性や社会的受容性の課題だけでなく、CCSバリューチェーン全体における技術的課題を特定していく。同7社は、2030年度までに具体的なCCSバリューチェーン事業を立ち上げたいとしている。  

トピック: Local News

東京ガス株式会社と三菱重工業株式会社、CO2からメタンを製造する実証実験を実施
東京ガス株式会社と三菱重工業株式会社、CO2からメタンを製造する実証実験を実施

3rd August 2023

発行日:2023年8月2日 原典:The Japan News   東京ガス株式会社と三菱重工業株式会社は、ごみ焼却工場から排出されるCO2を回収することにより、メタンを製造する実証実験を開始した。 この実験では、横浜市鶴見区にあるごみ焼却工場から排出されるCO2を三菱重工業株式会社の装置で回収する。その後CO2はトラックで近くの東京ガス株式会社の研究施設へ輸送され、そこでメタンに変換される。1日あたり約200キログラムのCO2が回収され、一般家庭約260軒に1日供給するために十分な量のメタンを合成するために使われる。

トピック: Local News

Occidental社とAdnoc社、CO2回収投資で提携することに合意
Occidental社とAdnoc社、CO2回収投資で提携することに合意

2nd August 2023

発行日:2023年8月1日 原典:Daily Oil Bulletin   Abu Dhabi National Oil Co.社との覚書には、年間100万トンものCO2を吸収できる直接空気回収(DAC)プラントをアラブ首長国連邦(UAE)に設置する可能性を検討する合意が含まれていると、Occidental社は火曜日(8月1日)に声明の中で述べた。  

トピック: Local News

Mubadala Energy社とPertamina社、インドネシアにおけるCCUSで協力
Mubadala Energy社とPertamina社、インドネシアにおけるCCUSで協力

2nd August 2023

発行日:2023年8月1日 原典:Carbon Capture Journal   アラブ首長国連邦アブダビ(Abu Dhabi)に拠点を置くエネルギー会社であるMubadala Energy社は、主にインドネシアにおけるCCUS適用に焦点を当てた、エネルギー転換イニシアティブについて議論し、模索し、取り組む可能性を含んだ合意を締結した。  

トピック: Local News

Pilot Energy社、豪州のCliff Head CCSプロジェクトを買収
Pilot Energy社、豪州のCliff Head CCSプロジェクトを買収

2nd August 2023

発行日:2023年8月1日 原典:Carbon Capture Journal   Pilot社は、このプロジェクト期間にわたってTriangle Energy社に対して総額約1,500万ドルを支払う予定である。 改定された契約により、Pilot社は、クリフヘッド(Cliff Head)油田のオペレーターであるTriangle Energy(Operations)社を含むTriangle社の子会社を買収することで、クリフヘッド合弁事業(Cliff Head JV)においてまだ保有していない残りの78.75%の権益を取得することとなる。この取引は、2024年初頭までに完了する予定である。    

トピック: Local News

SSE社、英国政府のCCSの発表についてコメント
SSE社、英国政府のCCSの発表についてコメント

1st August 2023

発行日:2023年7月31日 原典:SSE   Scottish Cluster(スコティッシュ・クラスター)/Acorn(エイコーン)プロジェクトとViking(バイキング)が、英国で次に開発されるCCSクラスターに選ばれたという本日(31日)の発表を受けて、SSE社の最高経営責任者であるAlistair Phillips-Davies 氏は次のように述べた: 我々は、スコットランド北東部とハンバー(Humber)地域の脱炭素化がいかに重要であるかを認識しており、このScottish ClusterとVikingを支援するという決定は、そのことに対するコミットメントを示している。  

トピック: Local News

ニュースレター

最新のCCSの情報が欲しい