検索

CCS Networks in the Circular Carbon Economy: Linking Emissions Sources to Geologic Storage Sinks
CCS Networks in the Circular Carbon Economy: Linking Emissions Sources to Geologic Storage Sinks

5th October 2021

Carbon capture and storage (CCS) networks linking emissions point sources to a CO2 transport and storage hub is emerging as the lowest-cost and most cost-effective method of CCS development. As part of the Circular Carbon Economy: Keystone...

Icon_2021_Slider_FULL-COLOUR_1200x656px-767x415
Icon_2021_Slider_FULL-COLOUR_1200x656px-767x415

4th October 2021

日本時間10月13日(水)11:00~12:00 13:00 AEST / 10:00 CST / 11:00 JST 2021年度版Global Status of CCS Reportのロンチイベントです。(英語での開催となります。)   Join us for the Asia Pacific launch the Global Status of CCS Report 2021. The Global CCS Institute is delighted...

Countdown1-767x415
Countdown1-767x415

21st September 2021

開催時間:日本時間9月28日(火)22時~23時 Location(s): Virtual Every year, the UN Conference of the Parties (COP) brings together government leaders, climate experts, ENGOs and industry from around the world to move the needle forward on climate ambition. After a one-year...

GCCSIメディア・リリース:「Japan-Asia CCUS Forum 2021」に地域の二酸化炭素回収・利用・貯留技術(CCS/CCUS)のリーダーが集結
GCCSIメディア・リリース:「Japan-Asia CCUS Forum 2021」に地域の二酸化炭素回収・利用・貯留技術(CCS/CCUS)のリーダーが集結

21st September 2021

本年10月20日に開催される「Japan-Asia CCUS Forum 2021」には、世界中のエネルギー、CCS/CCUS技術、気候変動の専門家が参加し、アジアにおける重要な技術の展開および進捗状況とこれからの見通しについて発表します。 本フォーラム(「Japan-Asia CCUS Forum 2021」)は、関連技術や知識の共有により、地域の専門性をさらに高め、アジアのCCS/CCUS専門家のネットワークを強化するためのプラットフォームとして開催しております。 グローバルCCSインスティテュートのアドボカシー&コミュニケーション担当ジェネラルマネージャーであるGuloren Turanは、このフォーラムは、最も重要な地域でのコラボレーションを実現するための重要なアクションであると述べています。 「二酸化炭素回収貯留技術は、気候変動目標に向けて、コミットメントの先を見据えて、実際に行動を起こす上で、ますます重要なものと認識されています。複数の独立した信頼できる国際機関が、世界の気候変動の野心的目標を達成するためには、CCS/CCUSが不可欠であると結論づけています」とTuranは述べています。 「アジアは最も急速に経済成長している地域の一つであり、温室効果ガスインベントリーも増加しており、CCS/CCUSは、経済発展と排出量削減の継続という課題に対処する上で特に重要になります。CCSは汎用性が高く、発電、鉄鋼、セメント、肥料などの排出削減が難しい産業分野で大幅な排出削減を実現することができ、また、低炭素水素製造の鍵となるでしょう」 「アジア地域のエネルギー分野のリーダーである日本は、知識共有と能力開発を促進するのに適した立場にあり、インスティテュートはこの取り組みの一端を担うことができて光栄です」と述べています。 本年度のフォーラムでは、日本政府のCCS/CCUS政策、アジア地域におけるCCS/CCUSの取組や、プロジェクト事業者からの主要な研究開発成果等が取り上げられます。またヨーロッパの先進的なプロジェクトよりスピーカーを招聘し、これまでの成果や知識を共有し、アジア太平洋地域の講演者は、プロジェクトが開発されている地域の課題、政策や規制、展開の戦略について議論します。 本フォーラムは、昨年度に続き、経済産業省のご後援、(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構よりご共催をいただき、日本CCS調査株式会社とグローバルCCSインスティテュートの主催会合となります。本年度の「Japan-Asia CCUS Forum 2021」へのご参加を心よりお待ちしております。   開催概要  日  時:      2021年10月20日(水)13:30~18:35 開催方法:   オンライン開催(媒体:ZOOM Webinar) 会議言語:      日本語・英語(同時通訳) 定  員:      1,500名...

photo-1513407030348-c983a97b98d8-1-767x415
photo-1513407030348-c983a97b98d8-1-767x415

17th September 2021

    English announcement follows Japanese announcement.   10月20日(水)に「Japan-Asia CCUS Forum 2021」をオンラインにて開催いたします。 会合詳細、参加登録等につきましては、下記リンクをご参照ください。   →「Japan-Asia CCUS Forum 2021」日本語イベントページ:リンク   Virtual “Japan-Asia CCUS Forum 2021” is held on 20th October this year. Please refer to the...

アンケートのお願い / Survey on the Forum
アンケートのお願い / Survey on the Forum

15th September 2021

    English follows Japanese announcement.   フォーラム参加者各位 「Japan-Asia CCUS Forum 2021」にご参加いただき、ありがとうございました。 今後の参考として、皆様のご意見を頂戴いたしたく、ご協力をお願いたします。 日本語アンケート→ リンク   Dear participants, Thank you very much for attending Japan-Asia CCUS Forum 2021. We would like to ask you to answer...

テスト‗イベントページ‗Japan-Asia CCUS Forum 2021
テスト‗イベントページ‗Japan-Asia CCUS Forum 2021

15th September 2021

  English announcement follows Japanese announcement.   10月20日(水)に「Japan-Asia CCUS Forum 2021」をオンラインにて開催いたします。 会合詳細、参加登録等につきましては、下記リンクをご参照ください。   →「Japan-Asia CCUS Forum 2021」日本語イベントページ:リンク   Virtual “Japan-Asia CCUS Forum 2021” is held on 20th October this year. Please refer to the event...

”Japan-Asia CCUS Forum 2021”
”Japan-Asia CCUS Forum 2021”

14th September 2021

  Co-hosted by Supported by   THANK YOU VERY MUCH FOR YOUR PARTICIPATION TO JAPAN‐ASIA CCUS FORUM 2021 HELD ON 20th OCTOBER, 2021.  HANDOUT AND VIDEO RECORDINGS ARE AVAILABLE HERE BUT WE SHARE THE MATERIALS...

「Japan-Asia CCUS Forum 2021」開催
「Japan-Asia CCUS Forum 2021」開催

9th September 2021

共催   後援   2021年10月20日開催の「Japan-Asia CCUS Forum 2021」本フォーラムへ、多くの皆様にご参加いただき、誠に有難うございました。 本フォーラムの講演資料および録画を、本ページにて公開しております。なお公開資料は、事前にご講演者様の一般公開の許可をいただいているもののみとなります。     グローバルCCSインスティテュート(GCCSI)、及び日本CCS調査株式会社(JCCS)は、2020年10月20日(水)に「Japan Asia CCUS Forum 2021」を開催いたします。 本フォーラムでは、アジアおよび世界におけるCCS/CCUSのさらなる展開をめざし、日本におけるCCS/CCUSの技術動向や、海外において先行しているプロジェクトの現況や課題について、国内外に広く情報発信することを目的としています。 本フォーラムは経済産業省よりご後援を賜り、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構より共催をいただいております。 なお、本フォーラムは新型コロナウィルス感染症の状況を鑑み、オンラインでの開催を予定しております。   本会合では、グローバルCCSインスティテュート新CEOに着任したJarad Daniels(元米国 エネルギー省)が、ご挨拶および、10月13日に公開になりました最新報告書「Global Status of CCS 2021」の概要をご説明いたします。     <主催者挨拶 ‐グローバルCCSインスティテュート>   気候変動は、私たちの世界にとって緊急かつ重大な脅威となっています。IPCCやIEAをはじめとする複数の独立した科学国際機関が、気候目標を必要な期間内に達成するためには、二酸化炭素回収・利用・貯留(CCS/CCUS)技術が不可欠であると発表しています。 CCS/CCUSは、発電セクターにおいて、大幅な排出量削減を可能にする、汎用性の高い技術であり、鉄鋼やセメント製造など、脱炭素化が難しい産業部門に適用可能な唯一の経済的な解決方法です。また、期待されている低炭素水素は、新しいエネルギー経済の発展を促進し、雇用を創出し、コミュニティを支援する可能性を秘めていますが、その製造においてCCS/CCUSは重要なキーテクノロジーとなります。...

Screenshot-113-440x585
Screenshot-113-440x585

2nd September 2021

本文献は、「101 Questions and 101 Answers from the CCS 101 Webinar Series」の参考日本語訳となります。 原典はこちらです→ リンク  

ニュースレター

最新のCCSの情報が欲しい