出版物

Displaying 1 - 10 of 18 results
世界中の数多くの企業や投資家が、炭素回収貯留(CCS)を装備した大規模発電所を創る意欲を持っている。これを持続可能なモデルで実現するには、当該技術に内在するリスクを受容するために、投資に対する適切な利益が得られなければならない。しかしCCS は、十分な介入なくしてはCCS 施設の整備や新たな産業の出現を阻む、重大な障害に直面している。CCS 施設のコストは、世界のどこでも現在の電力卸売価格での売電収益では十分に賄えず、 CO2 排出の回避や削減から収入が得られることによっても賄われない。 CCS プロジェク ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Project financing
CCSは、エネルギー部門及びその他の産業の双方において、CO2排出量を大幅に削減できるため、低炭素技術のポートフォリオにおいて必要不可欠な技術である。 グローバルCCSインスティテュートの「世界のCCSの動向:2012年」報告書は、CCSの動向、過去1年間のCCSに関する進展及び気候変動の効果的・効率的管理のために対処すべき課題を明らかにしている。 世界のCCSの動向:2012年 Carbon capture, use and storage (CCUS) Organisation:  Global CC ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
アジア太平洋経済協力会議 (APEC)の発展途上 諸国は、世界で最も急速に成長している経済圏であり、今後数十年間に発電量を大きく拡大する必要がある。この新規電源の多くは、化石燃料、特に石炭に依存する可能性が高い。地球規模の気候変動及び地域に急速に拡大する石炭火力発電部門からの二酸化炭素 (CO 2) 排出量の増加に対する懸念から、これらの発電所からの排出CO 2 の回収貯留(CCS)をいつ実行できるかという問題が生じている。石油増進回収 (EOR) などの CO2 利用と組み合わせることができるCCS 技術 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation Permitting
2011年9月、当インスティテュートはUAEのアブダビで行われた国連気候変動枠組条約(UNFCCC)のCDMにおけるCCSに関する技術ワークショップ(technical workshop on CCS in the CDM)に出席した。このワークショップは、UNFCCC事務局のCDMにおけるCCSのための様式及び手続(M&P)案の作成を円滑に進めるのに貢献した。このM&P案は、2011年12月のCMPにおいて最終的に検討され、採択された。 この会議では越境問題について包括的に取り上げられた ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation
本意見書は、CCSがCDMに適格なレベルにあるとUNFCCCで承認されたこと(決議7/CMP.6)及びCDMにおけるCCSプロジェクトを支援する様式及び手続が第7回京都議定書締約国会議(CMP 7)で最近承認されたこと(FCCC/KP/CMP/2011/L.4)を特に考慮し、CCS技術から見た具体的な要件に焦点をあてている。  当インスティテュートは、CDMにおけるCCSを制度化するための上述の決議を全面的に歓迎する。また、CDMにCCSを含めることが、気候変動による危機的な影響を回避できるレベルで地球規 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation
BECCS(Bio-Energy with Carbon Capture and Storage)は、CO2回収貯留(CCS)とバイオマスの処理又は燃焼を組み合わせた技術である。この技術は、バイオマス由来のCO2排出点源にCCS技術を適用するものであり、化石燃料へのCCSに用いられるCO2の輸送及び貯留技術とおおむね同様の技術を利用している。  BECCSは、大気中のCO2の恒久的な純減(科学用語でいうネガティブCO2排出)を実現するものである。この観点から、この技術は一時的なCO2シンクの創出や、大気中 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Bio-energy with carbon capture and storage
広範な気候変動緩和戦略におけるCO2回収貯留(CCS: Carbon Capture and Storage)の役割の重要性に鑑み、各国政府はCCS Readyの概念について検討を進めつつある。欧州及び北米の多くの国は、化石燃料による発電並びに鉄鋼製錬、セメント生産、精油及び化学工程といった工業プロセスから発生する温室効果ガス、特にCO2の排出緩和を目的とする一連の政策の一環として、CCS Readyの展開を進めている。 CCS Readyの政策及び規制の動向 CCS Readyの政策及び規制枠組みの実施 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation
本文書は、CO2回収貯留(CCS: Carbon Capture and Storage)に利用されるCO2(二酸化炭素)の供給インフラ(ネットワーク)に関して、公的に入手可能である査読付き研究論文からいくつかを選択し、専門知識がなくとも理解できる要約として提供することを目的とする。  本文書は、主にパイプラインによるCO2の輸送に注目する。公的に入手可能な文献のほとんどによれば、今後数十年のうちに回収及び貯留しなければならないと考えられる数十億トンのCO2の大半を輸送する手法でもっとも有力なものはパイプ ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 transport CO2 hubs
気候変動のリスク管理には、様々な産業分野にまたがる幅広い低炭素技術の開発や普及が必要とされる。  450ppmという厳しい目標は、大気中のCO2を除去する技術やCO2回収貯留(CCS)技術などの産業由来のCO2排出を相殺することができる技術を結集させることによってのみ効率的に達成可能であると考えられる。  本書は、発電事業に焦点をあて、大気へのCO2排出量削減の一役を担うと考えられる様々な技術のコストを検証する。  グローバルCCSインスティテュートは、過去2年間にわたり、様々なCCS技術に関する最新のコ ...
Topics: 
Renewables Economics Carbon capture, use and storage (CCUS)
CCS技術に関する説明では、ほとんどの場合でCO2について触れているが、これは一般市民がCO2について理解していることを前提にしている。一般市民にとって、CO2の性質に関する知識及び理解がCO2排出産業及びCCS技術との関わり方に影響を及ぼすと分かってきている。しかし、CO2に関する社会的な認識、知識及び理解について調査した研究は非常に少ない。本調査は、そのギャップを埋めようと試みるものである。  本報告書では、3ヶ国(日本、豪州及びオランダ)の市民がどのようにCO2を認識しているかに関する調査について説 ...
Topics: 
Public engagement Carbon capture, use and storage (CCUS)