出版物

Displaying 1 - 7 of 7 results
我々は、気候変動の緩和に対する最小コストアプローチの一環として、いかにCCSを最適な形で展開できるかについて議論する時期に入っている。当インスティテュートは55件の大規CCSプロジェクトを確認しているが、これらプロジェクトの実現を後押しするための行動が今まさに求められている。 「世界のCCSの動向2014」では、これら開発計画段階にあるCCSプロジェクトの詳細について記載すると共に、プロジェクトの実現を後押しするための行動について検討・分析を行っている。また、将来のCCS展開に関して ...
Topics: 
Public engagement Carbon capture, use and storage (CCUS)
本報告書『世界のCCSの動向:2014年2月』は、世界の大規模統合CCSプロジェクトの状況をまとめるとともに、重要なプロジェクト、政策、法規制制度の整備などに関する国際動向を紹介するものである。2014年2月現在、世界で12件のプロジェクトが操業中、9件が建設中である。UAEで世界初の製鉄プロセスCCSが着工し、北米の2件の発電プロジェクトが年内に運開の見込みである。その他に29件が開発計画の様々な段階にあり、うち6件で2104年中に最終投資判断がなされる可能性がある。総プロジェクト数は、昨年10月刊行の ...
Topics: 
Public engagement CO2 capture CO2 storage CO2 transport
報告書の背景 一般的な考え方とは違い、社会的受容とは「大多数の市民がプロジェクトを受容すること」を意味するものではない。プロジェクトの社会的受容のレベルは、対象となる集団について、「賛成」または「反対」という行動についての共通のビジョンを用いた調査結果には基づいていない。これは、少数派だろうが受容の条件はそれぞれの利害関係者に特有であるということを無視しているため、民主的な考え方としては不備がある。少数派の反対でプロジェクト全体を阻止するのに十分であるということは繰り返し確認されてきた。 実際のところ、社 ...
Topics: 
Public engagement Carbon capture, use and storage (CCUS)
世界のCCSの動向:2013は、世界のCCSに関する進捗や直面する課題について当インスティテュートが年次で纏めているフラッグシップレポートで、今回が第5版となる。本レポートでは、CCSプロジェクトの開発状況、政策や規制枠組み、CCSを構成する技術、社会的受容などについての概況を報告する。 世界のCCSの動向: 2013 世界のCCSの動向: 2013 世界のCCSの動向:2013は、世界のCCSに関する進捗や直面する課題について当インスティテュートが年次で纏めているフラッグシップレポートで、今回が第5版と ...
Topics: 
Public engagement Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 capture CO2 storage CO2 transport
本報告書は、日本における知識共有ネットワークが実施した複数のフェーズにわたり実施された、「日本における知識共有ネットワークによるCCSコミュニケーション枠組みの構築」プロジェクトの第2 フェーズについて示したものである。実施内容は次のとおりである。 (1). プロジェクトの第1 フェーズで行った、「CCS をコミュニケーションの枠組みを通じてどのように説明すべきか」という専門家の議論に基づき、CO 2 回収・貯留(以下「CCS」)に関する一般市民向けアウトリーチプログラムを作成・試験する。 (2). CO ...
Topics: 
Public engagement Carbon capture, use and storage (CCUS)
CCS技術に関する説明では、ほとんどの場合でCO2について触れているが、これは一般市民がCO2について理解していることを前提にしている。一般市民にとって、CO2の性質に関する知識及び理解がCO2排出産業及びCCS技術との関わり方に影響を及ぼすと分かってきている。しかし、CO2に関する社会的な認識、知識及び理解について調査した研究は非常に少ない。本調査は、そのギャップを埋めようと試みるものである。  本報告書では、3ヶ国(日本、豪州及びオランダ)の市民がどのようにCO2を認識しているかに関する調査について説 ...
Topics: 
Public engagement Carbon capture, use and storage (CCUS)
知識の共有は、CCSコミュニティにとって必要不可欠であり、グローバルCCSインスティテュートが中心的役割を演じている分野である。「日本におけるCCSコミュニケーション・フレームワークの構築」というこのプロジェクトは、国際的な環境でより幅広くこの手法を利用する事を前提に、パイロット規模で知識管理システム(KMS)のプロトタイプを検証すること目標としており、主なテーマは以下のとおりである。 特定された問題に関して、様々な学問領域/研究分野に分布している専門知識を、インスティテュートおよびそのメンバーが協力して ...
Topics: 
Public engagement Communication Carbon capture, use and storage (CCUS)