出版物

Displaying 1 - 2 of 2 results
アジア太平洋経済協力会議 (APEC)の発展途上 諸国は、世界で最も急速に成長している経済圏であり、今後数十年間に発電量を大きく拡大する必要がある。この新規電源の多くは、化石燃料、特に石炭に依存する可能性が高い。地球規模の気候変動及び地域に急速に拡大する石炭火力発電部門からの二酸化炭素 (CO 2) 排出量の増加に対する懸念から、これらの発電所からの排出CO 2 の回収貯留(CCS)をいつ実行できるかという問題が生じている。石油増進回収 (EOR) などの CO2 利用と組み合わせることができるCCS 技術 ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Policy, law and regulation Permitting
CO2 回収貯留(CCS)では、枯渇した石油・ガス田、陸域と海域の地殻深部にある塩水滞水層、岩塩空洞ないし採掘できない炭層などの地質構造に CO2 を注入し閉じ込める。これらは、既存の石油・ガス生産における二次回収のアプローチであり、同時に温室効果ガスの排出を減らす手段でもある。この序論は、CCS がエネルギー生産向上と温室効果ガス削減に関して有するポテンシャルを調査することに関心を寄せる関係者及び政策決定者にとって重要な質問に対する回答を提供するように構成されている。 政策立案者及び事業実施者向けトレーニ ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) Capacity development