出版物

Displaying 1 - 3 of 3 results
本報告書では、モノエタノールアミン(MEA)、メチルジエタノールアミン(MDEA)、2-アミノ-2-メチル-1-プロパノール(AMP)、ピペラジン(PZ)及びこれらの混合物の酸化分解生成物及び熱分解生成物の形成に関する科学文献のレビューを実施した。この分野は全体としては取り組みが活発であるものの、アミン溶液の分解に関する特性分析と定量化を十分に行った実験研究は事前の予想に比べてはるかに少なく、これらの研究成果を商業規模のアミン系燃焼後回収プラントに適用して、アミン溶液の分解生成物が大気にどれほど飛散するか ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 capture
このプロジェクトは、様々な炭素貯留サイトで既に採用されているトレーサーの分配係数を測定することを目的としている。定量化された分配係数があることで、観測したトレーサーデータについてより正確な解釈が可能になり、モデル予測の不確実性を低減できる。以下は、最近の、世界の様々なCCSプロジェクトにおいて利用された化学トレーサーの一覧であり、この中から本研究で特性把握を行うべきトレーサーを特定する。室内実験は本プロジェクトの主要な研究要素であるが、その対象をこうして選ぶことで、得られる結果が確実に有用なものとなる。な ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 storage
CO 2 排出削減に関する各政府目標達成には、複数の低炭素技術のメニューが必要となる。オーストラリアでは、天然ガスの使用が増大しているが、発電の大部分は石炭によって行われている。オーストラリアではこれまで化石燃料から排出されるCO 2 の地中貯留の検討に注力してきた。今般地中貯留に代わるCO 2 回収貯留の方法を検討するために、この調査を実施する作業部会が開催された。本調査では、CO 2 の生物的隔離(bio-sequestration)および鉱物的隔離(mineral sequestration)といっ ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 capture