出版物

Displaying 1 - 3 of 3 results
CCS技術に関する説明では、ほとんどの場合でCO2について触れているが、これは一般市民がCO2について理解していることを前提にしている。一般市民にとって、CO2の性質に関する知識及び理解がCO2排出産業及びCCS技術との関わり方に影響を及ぼすと分かってきている。しかし、CO2に関する社会的な認識、知識及び理解について調査した研究は非常に少ない。本調査は、そのギャップを埋めようと試みるものである。  本報告書では、3ヶ国(日本、豪州及びオランダ)の市民がどのようにCO2を認識しているかに関する調査について説 ...
Topics: 
Public engagement Carbon capture, use and storage (CCUS)
本調査の目的は、一般市民がCO2回収貯留(CCS)を他の温室効果ガス緩和オプションと比較した際の、CCS に関する認識、知識、審議及び選択を支援するオンラインの意思決定ガイドを開発することである。具体的に言えば、その目標はa)豪州の調査結果とオランダの回答者の結果とを比較し、b)オンラインでの情報及び意見形成を相互に作用し魅力的なものにするための最も有効な方法を検討すること、である。本調査は、豪州のオーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO: CommonwealthScientific and In ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
このプロジェクトは、様々な炭素貯留サイトで既に採用されているトレーサーの分配係数を測定することを目的としている。定量化された分配係数があることで、観測したトレーサーデータについてより正確な解釈が可能になり、モデル予測の不確実性を低減できる。以下は、最近の、世界の様々なCCSプロジェクトにおいて利用された化学トレーサーの一覧であり、この中から本研究で特性把握を行うべきトレーサーを特定する。室内実験は本プロジェクトの主要な研究要素であるが、その対象をこうして選ぶことで、得られる結果が確実に有用なものとなる。な ...
Topics: 
Carbon capture, use and storage (CCUS) CO2 storage