「Japan CCS Forum Technical Seminar – CCS バリューチェーンにおける3方式の比較検討 -」

「Japan CCS Forum Technical Seminar – CCS バリューチェーンにおける3方式の比較検討 -」

→ Go to the English site

グローバルCCSインスティテュートは、2024年3月4日(月)に「Japan CCS Forum Technical Seminar – CCS バリューチェーンにおける3方式の比較検討 -」を開催いたします。

Global CCS Institute Japan Office will hold “Japan CCS Forum Technical Seminar‐Comparison of the three modes throughout the CCS value chain -」on March 4th (Mon) in hybrid format.  The Program can be found here.

 

 

 

<会合概要>
会合名: 「Japan CCS Forum Technical Seminar – CCS バリューチェーンにおける3方式の比較検討 -」
日程: 2024年3月4日(月)16:00-18:00 JST(セミナー)、18:00-19:00 JST(ネットワーキング)     現地受付開始 15:30
主催: グローバルCCSインスティテュート(GCCSI)
後援 : (独)エネルギー・金属鉱物資源機構 (JOGMEC) (一財)カーボンフロンティア機構 (JCOAL)
(公財)地球環境産業技術研究機構 (RITE) 日本CCS調査(株) (JCCS)(五十音順)
会場: AP虎ノ門 11階 会議室 B
東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル(日本酒造虎ノ門ビル) 11F
会合形式: ハイブリッド形式(現地参加、ZOOMウェビナーによる配信)
定員: オンライン参加および、現地参加:70名限定
会合言語: 日本語、英語(同時通訳有)
参加費: 無料
参加登録: リンク

 

<開催目的>
グローバルCCSインスティテュートは、例年Japan CCS Forumを開催し、世界のCCSに関連する様々な情報を発信してきたが、このたび、CCSバリューチェーンに関連するさまざまな技術や各ステージにおける特定の課題に焦点を当て、個別に情報共有および議論の場を提供することにした。
インスティテュートの旗艦報告書である「Global Status of CCS 2023」によると、2023年 7 月現在 、世界全体で、約115のネットワーク型CCSプロジェクトを確認しており、さらに拡大傾向にある。日本においても2023年6月JOGMECにより選定された先進的CCS事業7件中、船舶輸送は4件を数える。CCSネットワークでは共通のインフラを共有することで規模の経済効果がもたらされ、許認可のタイムラインを短縮でき、開発と操業のいずれの段階においても効率化を図ることができる。CO2 ネットワークが勢いを増す中で、液化CO2(LCO2)の船舶輸送技術を含めたCO2の輸送バリューチェーンが発展し、成熟しつつある。船舶での液化CO2輸送が必要とされるCCSプロジェクトでは、現在①低温低圧(LP)②中温中圧(MP)③常温昇圧(EP)と、温度・圧力が異なる3つの方式が検討されている。比較的少量のCO2を短距離輸送する案件が多い欧州と大容量を長距離輸送する傾向の強いアジア域の案件で求められる要件は異なるため、各個別案件毎に最適解も異なり、将来的に上記3方式がいずれも共存するシナリオが考えられる。今後各CCS案件における詳細検討では液化・一時貯蔵・輸送・圧入の各プロセスの個別検討ではなくバリューチェーンを通じた全体最適の観点での検討深度化が必須であり、第一回テクニカルセミナーでは、船舶での液化CO2輸送についてCCS バリューチェーン全体を通じて、3方式の定性的、定量的比較検討を実施した、千代田化工建設株式会社、日本郵船株式会社、Knutsen NYK Carbon Carriers AS社、及び世界中のCCSプロジェクトでコンサル業務を提供されているPace CCS 社よりご登壇いただき、参加者と本テーマについて議論を深めていく。

 

<開催目的>
1.  LP(低温低圧)/MP(中温中圧)/EP(常温昇圧)方式の船舶輸送方式の紹介
2.  LP(低温低圧)/MP(中温中圧)/EP(常温昇圧)方式のCCS バリューチェーンを通じた比較検討結果の共有

 

<暫定プログラム>
開始
(日本時間)
プログラム 配布資料
16:00 開会宣言
グローバルCCSインスティテュート
日本事務所
村上泰郎
16:05 オープニングスピーチ
千代田化工建設株式会社
執行役員
櫻井 公穂

 

日本郵船株式会社
執行役員
横山 勉

 

16:10 講演1
「液化CO2の3方式紹介~CCSバリューチェーン構築に向けた第三のオプション~」
Knutsen NYK Carbon Carriers AS CV 資料
CEO
Anders Lepsøe

 

16:40 講演2
「LP(低温低圧)/MP(中温中圧)/EP(常温昇圧)方式のCCS VSを通じた比較検討結果」 CV 資料
千代田化工建設株式会社
技術本部
ガス・LNGプロセス設計部
部長
玉 川 淳

 

日本郵船株式会社
グリーンビジネスグループ グループ長代理 CV 資料
六呂田 高広

 

17:20 講演3
「Design and Operation of CCS Networks with Shipping: A Full-Chain View」 CV 資料
Pace CCS
Managing Director
Matthew Healey

 

17:40 質疑応答
17:55 セミナー閉会
18:00 ネットワーキング
19:00 中締め 閉会

 

※上記は講演内容(トピック)であり講演タイトルではございません。

※各講演の内容は変更となることがございます。あらかじめご了承ください。

※ 講演資料および録画は、会合開催後に公開いたします。

 

関連情報:

千代田化工建設株式会社

2024年1月31日付プレスリリース

「二酸化炭素の液化・一時貯蔵・輸送の定量的な比較検討を実施 ~エンジニアリング会社と海運会社の知見を融合~」:リンク

日本郵船株式会社

2024年1月31日付プレスリリース

「二酸化炭素の液化・一時貯蔵・輸送の定量的な比較検討を実施~エンジニアリング会社と海運会社の知見を融合~」: リンク

Knutsen NYK Carbon Carriers AS

2024年1月31日付プレスリリース

「Chiyoda, NYK, and KNCC Conduct Quantitative Comparison of CO2 Liquefaction, Temporary Storage, and Transportation

— Combining Engineering and Shipping Expertise — 」:リンク

 

 

 

<本会合に関する連絡先>
グローバルCCSインスティテュート日本事務所連絡先メールアドレス:Japan.Events@globalccsinstitute.com

 

ニュースレター

最新のCCSの情報が欲しい