最新ニュース

最新ニュース

最新ニュース

GCCSIインサイト&コメンタリー:欧州におけるCCS及び気候目標の達成:産業専門家及びEU 当局者による意見

5th March 2021

EU委員会が開催したイニシアティブであるEU Industry Week 2021EU産業週間2021)では、イベント主催者らが産業の課題とチャンスについての対話を始める中、説得力のある洞察が数多くもたらされました。

225日、グローバルCCSインスティテュート及びCEM CCUS Initiativeはいずれも、EU政策立案者ら及び産業リーダーら双方からのインプットを含む、欧州のCCS及び産業脱炭素化に関する議論を立て続けに行いました。両イベントの主要な結論は、以下の通りです。

1. EUは気候緩和について「二者択一」アプローチを支持しない

再生可能エネルギーかCCSか?

EU政策立案者らにとって、気候変動に対処するための二者択一的な話し合いは、生産的ではありません。2050年までに気候中立を達成するためには、EUグリーン・ディール(EU Green Dealで取り入れられている包括的なアプローチが必要です。

低炭素移行の一環として、EUは産業排出に対処するため、欧州大陸全域で低炭素技術の規模拡大を検討しています。この規模拡大は、CCS技術を通した排出削減から、低炭素エネルギーや再生可能エネルギーによる発電まで、様々な形で行われます。EUイノベーション基金(EU Innovation Fund)は、まさにその実施を目的としています。

2019年に設置されたイノベーション基金は、炭素排出枠45,000万枠分の価格をベースにした助成金収入を提供します。当初は100億(ユーロ)と設定されていましたが、EU排出権取引制度(EU Emissions Trading SystemEU ETS)において排出枠の価格が上昇していることから、その金額は2倍近くとなりました。「我々は全部門及び全加盟国から申請を受けています。この基金の利点の1つは、プロジェクトの多様性です」と、EU政策官Maria Velkova氏がEU Industry Weekにおいて述べました。気候技術の過密懸念について質問された際、Velkova氏は、EU2050年気候目標は全ての効果的な気候技術が検討され、利用され、役目を果たした場合にのみ達成可能であると指摘しました。

効果的に産業脱炭素化に取り組み、気候中立を達成するためには、CCSが採用される必要があります。EU気候政策はこれを認めており、CCSを支援するプログラムを実施するためのプロセスを進めています。

2. 産業は、野心的な気候目標を達成するために、支援的な規制措置を強化する必要があると考えている

欧州は、野心的な気候目標の設定に関して言えば時代を先取りしています。排出量を10年以内に55%削減するという目標で、欧州は、2050年までに気候中立を達成する世界で初めての大陸となる道を進んでいます。しかし、実施されている規制枠組は、これらの目標の達成を支援するものでしょうか?一部の産業専門家は、もし気候目標を達成するつもりならば、着手しなければならない規制関連の問題が更に多くあると主張しています。

欧州の複数の国及び地域は、CCS気候技術を通して産業排出に対処することに熱心ですが、EUのゆっくりとした規制の進展は、その前進を阻む可能性があります。オランダに拠点を構えるエネルギー企業EBN社の上級アドバイザーであるStijn Santen氏は、強化が必要な分野として、輸送及びインフラ政策を指摘しています。「エネルギー集約型産業を多く持つ国はありますが、それらの国々では回収したCO2の貯留ポテンシャルがあまりありません」と、Santen氏はインスティテュートによるライブEU Industry Weekセッションで述べました。「オランダ等、多大な貯留ポテンシャルを持つ地域との間に輸送メカニズムが必要です」とSanten氏は付け加えました。

EUは、CO2ネットワーク等、越境エネルギー・インフラの接続を目的とするTrans-European Networks for Energy(欧州横断エネルギー・ネットワーク:TEN-E)を含む、インフラ及び輸送政策を改正しましたが、CO2輸送手段は限られています。「TEN-Eの下で船舶輸送が対象外である理由は、TEN-Eが越境インフラに関するものだからです。船舶やトラック等の動産は、この定義に当てはまりません」と、EU上級政策官Katrien Prins氏はCEM CCUS Initiativeのウェビナーで述べました。

現在のところは、パイプラインが欧州における主要なCO2輸送方法であり続けています。信頼性のある手法ですが、野心的な2030年及び2050年気候目標を達成していくためには、更なる取り組みが必要であると述べる人もいます。

3. CCSの採用は、タイミングが重要

CCSを巡る話し合いは昨年1年間で活発になって来ており、数字で見ると、同技術への注目度はゆっくりと上昇しています。しかし、欧州の気候目標を達成するためには、穏やかで着実な成長では十分ではありません。すなわち、産業排出量を十分に削減したければ、CCSの急速な展開が必要なのです。今世紀中頃までに、CCS施設数は65か所(その内13か所は欧州)から2,000か所まで増える必要があります。これは困難なタスクですが、不可能ではありません。

一部の産業専門家は、政府がCCS市場の開拓と成長を可能にする好ましい状況を作り出す必要があると述べています。「この市場を加速させることが非常に重要であり、初期段階にあるCCSプロジェクトに資金提供を行う意欲がなければなりません」と、Aker Carbon CaptureCEOEU Industry Weekのパネル参加者であるValborg Lundegaard氏は述べました。「産業界は費用を低減するために出来ることを行いますが、EUには迅速に行動する意志を持ってもらう必要があります」とLundegaard氏は言及し、EUは予測可能な規制、課税及びインセンティブを策定することでこれを支援出来ると更に付け加えました。

CEM CCUS Initiativeウェビナーでは、EU委員会の当局者らが、CCS普及を巡る緊急性が増大したことを認めました。今後EUは、特に市場が成長し、ハブ及びクラスター等、貯留の新しい手法が実施され始めるに従って、CCSが大規模プロジェクトだけでなく、小規模な取り組みにとっても利用可能なものになると見込んでいます。

EU及びCCSの未来

EU Industry Weekの議論は、EUが産業脱炭素化及びCCS気候行動の新興リーダーとして引き続き影響力を持っていくことを確認しました。資金提供申請要求の20%CCUS部分を含むEUイノベーション基金のようなイニシアティブが、同技術の欧州における規模拡大を助けることは、疑いの余地がないでしょう。しかし、2050年までに気候中立を達成するためには、成熟したCCS市場と、それを支える一貫性のある支援的な規制政策が出現する必要があります。

グローバルCCSインスティテュートのEU Industry Weekイベントの視聴は、こちらをクリックして下さい。

CEM CCUS Initiativeウェビナーの視聴は、こちらをクリックして下さい。

この記事は、インスティテュートの英国ロンドン在住アドボカシー及びコミュニケーション担当上級アドバイザーRuth Gebremedhinにより、Clean Energy Ministerial InitiativeのコーディネーターJuho Lipponen氏との緊密な協力の下で執筆されたものです。

原文リンク

https://www.globalccsinstitute.com/news-media/insights/ccs-and-reaching-climate-targets-in-europe/

Back to News

ニュースレター

最新のCCSの情報が欲しい